乳癌検診

乳がん検診について

乳がんは欧米人に多いとされていましたが、ライフスタイルの変化などから近年日本女性にも急増しています。現在、乳がんの発症率は20人に1人と言われています。乳がんは20代から発生を認め、40代後半から50代前半でピークを迎えます。30歳から64歳では、乳がんは女性の死亡原因の第1位です。
諸外国では死亡率が年々下がっていますが、日本では死亡率は年々増加しています。
その背景には、日本は欧米に比べ、乳がん検診率が非常に低いということも大きな要因と考えられています。

乳癌にかかりやすい要因
1)家族に乳癌になった人がいる
2)乳癌になったことがある(もう一方の乳房も乳癌が発生する可能性あり)
3)40歳以上
4)未婚の人
5)出産経験が無い、あるいは初産年齢が30歳以上
6)初経が11歳以前、閉経が55歳以降
7)肥満(とくに閉経後の肥満)
8)ホルモン補充療法を受けたことがある
9)ピルを使用している

検診の方法

視触診
乳房の形、左右の対称性、ひきつれ、陥没、皮膚の変化などを観察します。指で乳房全体を軽くタッチしながらしこりや異常がないかを確かめます。最も簡便な検査ですが、乳癌の中にはしこりを作らない癌もあります。また小さなしこりは触診だけではみつからない可能性があります。そのため、できるだけマンモグラフィまたはエコー検査を併用することが推奨されています。
マンモグラフィ( 乳房X線撮影 )
マンモグラフィーは、乳房を2枚の板で上下と左右から挟んで、平らな状態にしてから撮る乳腺専用のレントゲンです。医師の触診や自己触診では発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳がんの発見に適しています。視触診との併用では、50歳以上では「乳がんの死亡率減少効果があるとする十分な根拠がある」とされています。優れた検査方法ですが、若い方や、乳腺が発達している方はX線の特性上、乳がんを判別しにくい場合があります。
マンモグラフィーはX線検査なので放射線被ばくがありますが、乳房だけの部分的なものなので、骨髄などへの影響はなく、白血病などの発生はありません。
1回の撮影で乳房が受ける放射線の量は、一般の人が1年間に受ける自然放射量の50分の1程度です。健康上の影響はほとんどないと考えられています。
エコー ( 超音波検査 )
エコーは乳房にゼリーを塗り超音波をあて、内部からの反射波(エコー)を画像にして、異常があるかないかを診断します。放射線を使わないので、妊娠している方にも安心です。若い方や、乳腺密度が高い方への検査に適しているといわれています.

自己検診のすすめ

乳癌は自己検診でも発見することが出来ます。月に一度程度(閉経前の方は、生理が始まって4-5日目)自己検診を行ってください。普段から自分の乳房の状態をわかっていることも大事です。

自己検診の方法

  • 乳房の形はどうか
  • 乳房にしこりはないか
  • わきの下のリンパ節にしこりはないか
  • 乳首から異常な分泌物は出ないか

乳がんを発症した約80%の人は自分で乳房の変化に気づいています。しかし自己検診を行っているからといって、必ずしも乳がんが発見できるとは限りません。定期的に検診を受けることが大切です。